高校生のための金曜特別講座

高校生のための金曜特別講座トップページへ 東京大学大学院総合文化研究科・教養学部

高校生のための金曜特別講座について

東京大学教養学部では、
高校生を対象とした公開講座を開講しています。

講義風景

 東京大学教養学部における高校生を対象とした公開講座は、2002年4月に始まりました。

 開催のきっかけは、高校の週5日制の実施に伴って、休日に高校生を対象とした公開講座を開講してほしいとの要望を近隣の高校から受けたことによるものです。

 最初は「高校生のための土曜特別講座」として、高校生および一般の方を対象に土曜日の午前中に開講していました。2003年10月からは「社会連携プログラム『21世紀を生きるための知』」として金曜日の夜に開講されるようになり、2004年4月から「高校生のための金曜特別講座」として実施しています。2008年度からは、東京大学生産技術研究所との共催となりました。2005年度から2009年度には教養学部に設立された教養教育開発機構の社会連携部門(株式会社ベネッセコーポレーションによる寄附講座)が運営を担当しました。なお、金曜講座の責任母体は教養学部社会連携委員会です。

 現在、参加者は高校生が中心ではありますが、下は中学から上は80代まで幅広い年齢層の方が参加しています。参加者の構成比は、おおよそ高校生7:一般の方3となっています。

 また、遠方にお住まいの高校生のために、オンライン会議システムによる遠隔講義を試験的に実施しています。双方向通信のため、配信先の高校からも鋭い質問が連発され、東京の会場にいる高校生たちにも大きな刺激になっています。詳しくはこちら

 これまでの講義は書籍となっています。詳しくはこちら

ご寄付・ご協力につきまして

 講座の運営には次の皆様からのご寄付・ご協力を得ています。深く御礼申し上げます。

【ご寄付をいただいた皆様】

  • マスミューチュアル生命保険株式会社
  • AIGイースト アジア ホールディングス マネジメント株式会社
  • 株式会社フロムページ
  • 株式会社ベネッセコーポレーション

【ご協力をいただいた皆様】

  • 日本マイクロソフト株式会社

▲このページTOPへ